注意が必要です

弁償にならないために

場合によっては弁償となる可能性があります。
例えば、食事中に食べ物をこぼしてしまい服に取れないシミを付けてしまった、引っかかって服に穴を開けてしまった。
こういった場合には弁償になるケースが多いです。
多くのレンタル会社は洗濯やクリーニングを禁止していますので、使用の際はレンタルしているということを忘れずに利用することが大切です。
好きに使っていると出費がかさんでしまいます。
また、取れないニオイがついてしまってもアウトです。
日常生活で汚れないように気を付けなければならないので、気持ち的にはストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。
しかし、せっかく安く借りているので汚れないように使わないと自分が損してしまいますので、TPOをしっかり考えて着ることが重要です。

他にもデメリットが

基本的には、誰かが着た中古品の服が多いです。
新品ではないため、他の人に触れた服を着ることに抵抗がある方はあまりおすすめできません。
あくまでレンタル品ということを認識しておかなければいけません。
また、ボトムスなどの裾上げなどはできないので、しっかりと自分のサイズを確認することが必要となります。
もし自分でサイズの調整を加えた場合については買い取りなどの対応になってしまいます。
クレジットカードの登録が必要なところがあるため、自分の気に入ったサービスでもクレジットカードがなければ利用できません。
まずは支払い方法や利用方法をしっかり確認して、利用することで、自分のファッションライフがより良いものになります。

この記事をシェアする

TOPへ戻る

c